無料、高い機能、拡張性が魅力のWordPress!そのポイントとは

外部ページURL

無料で使え、高い機能性と各種プラグインによる拡張性の高さから、世界中のユーザーから支持されているホームページ作成ソフトがWordPress(ワードプレス)です。

その人気の高さは、全世界のホームページの37%がWordPressで作成されているといわれるほどです。

ITが社会に浸透し、企業サイトやECサイト、オウンドメディアなど様々なWebサイトの形が現れ、その作成と運用方法がビジネスの重要なテーマになりつつあります。

そういったニーズの中、低コストでスピーディにホームページを作成・更新できるWordPressは、今や必要不可欠なCMS(コンテンツ管理システム)です。

ただそうはいっても、WordPressはブログほど簡単に操作できないのも事実です。

本記事では、WordPressを一から活用しようと考えている方向けに、その押さえるべきポイントをできるだけわかりやすくお伝えします。

 

【目次】
1. WordPressとは
1‐1. WordPressのメリット
1‐2. WordPressのメリット
2. WordPressの仕組み
3. WordPressのプラグイン
3‐1. スパムコメント対策ができるAkismet
3‐2. XMLサイトマップを自動的に作成できるGoogle XML Sitemaps
3‐3. サイトやブログのバックアップが可能なBackWPup
3‐4. 一つだけでSEOの設定ができるALL in One SEO Pack
4. おススメのWordPress
4‐1. 無料のおススメWordPress
4‐2. 有料のおススメWordPress
5.WordPressに関するQ&A
6.まとめ

 

1. WordPressとは

■ WordPress(ワードプレス)とは、誰でもブログができるスキルさえあれば無料でホームページが作れる、PHPで開発されているオープンソースのコンテンツ管理システム(CRM)です。

WordPressは世界中で支持されており、W3Techsによると全Webサイトの38%で活用されており、CMS中のシェアは63%もあります。また電子商取引の分野でも、重用されています。


 

プログラミングの知識がなくても、簡単に記事の公開や更新ができるWordPress。つまりWordPressを活用することでコンテンツの中身に注力でき、コンテンツマーケティングを最大限発揮できる環境を作れるのは大きな魅力です。

今や「コンテンツ イズ キング」といわれるように、Googleの検索エンジンは「そのページはユーザーにとって有益なものか」「オリジナリティや根拠はあるか」といった視点で評価します。そしてその評価は検索上位表示につながり、結果的に集客力に大きな影響を及ぼします。

世の中のWebサイトの大きな目的は集客であり、そのための効率的な作業環境がWordPressといえます。コンテンツマーケティングを促進するプラグインも多数開発されており、そういった機能を無料で付加することでより効率化を図れるのも大きなメリットです。

■ WordPress(ワードプレス)を活用することで、Webサイトの大きな目的である集客のためのコンテンツマーケティングに最大限注力できる環境を実現できます。

※関連コンテンツ
・CRMとは何ですか?~メリットデメリット&活用と運用のコツ~

1-1. WordPressのメリット

世界的に大人気のWordPressは、多くのメリットがあります。そのポイントを、以下に記します。

【WordPress(ワードプレス)のメリット】
・無料でホームホームページが制作・更新できる
・ホームページの管理者の引継ぎができる
・ユーザー名とパスワードを共有することで、ホームページを複数の人間で管理できる
・WordPressプラグイン機能で、いろんな機能を追加できる
・SEO施工のための設定を、初期段階で埋め込みやすい
・テーマを選ぶだけで、Webデザインを簡単に変更できる

※関連コンテンツ
・【保存版】WordPressで最初に導入すべきおすすめプラグイン12選【必要最低限のみ】
 


 

1-2. WordPressのデメリット

大人気のWordPressですが、さすがに万能ではありません。そのデメリットについて、以下に記します。

【WordPress(ワードプレス)のデメリット】
・世界トップシェアのCMSであるため、世界中のクラッカーから標的にされるリスクがある
MySQLというデータベースを使用するため、静的なHTMLと比較するとページの読み込み速度が低下してしまう
・セキュリティ、機能向上、バグ修正のため、常時更新する必要がある

 

 

2. WordPressの仕組み

ブログをアップするスキルさえあれば、どんどんコンテンツを追加更新できる無料のソフトウェアWordPress。しかも、アメブロやはてなブログのようなサービスではできないデザイン変更や構成を変えることもできます。

そのWordPressは、どのような仕組みになっているのでしょうか。

WordPressのシステムは、PHPというプログラミング言語で構成されています。ブログの内容や更新情報は、MySQLというデータベースシステムで管理されています。

例えば、WordPressで作成されたサイト名を検索ボックスに入れると、PHPで構成されているWordPressが、MySQLから指定された記事の情報を引っ張ってきて、ページが表示されます。

以下、実際にWordPressを活用する流れと、WordPressをカスタマイズするポイントを記します。

<WordPressを活用する流れ>
・WordPressを使用する場合、レンタルサーバーを借りる必要があります
・レンタルサーバーを借りた後、WordPressをイントールします
・専用のログイン画面でユーザー名とパスワードを入れると、ダッシュボードが開きます
・ダッシュボード上で操作することで、HTMLソースコードを触らなくても、簡単にブログを更新したり、設定を変更できます
・記事の新規作成画面で、タイトル、本文を書き、画像をアップして、記事をどんどん追加していけます

<WordPressをカスタマイズするコード要素>
HTML/文字や画像を表示させるホームページの土台になる言語で、パーツの位置や文字を修正できます
CSS/ブログのパーツの色や大きさ、余白を調節でき、外観をお洒落にします
PHP/WordPressのシステム本体は、PHPという言語で構築されています
Javascript/ページを読み直すことなく動きをつける表現がきます

 

 

3. WordPressのプラグイン

WordPrssはHTMLソースコードを触らずにコンテンツをアップできる便利なものですが、その基本的な機能以外に後からいろいろ追加できるのがプラグインといわれるプログラムです。

■ プラグインとは、WordPress(ワードプレス)の標準にはない機能を追加できる各種プログラムです。例えば「お問い合わせフォーム」や「SEO対策」、「メールマガジン機能」など1,000種類以上のプラグインがあります。プラグインを活用することで、WordPressをカスタマイズでき、目的に合ったWebサイトを実現できます。

ここでは、便利で有名なおススメのプラグインをご紹介します。

3-1. スパムコメント対策ができるAkismet

Akismetは、スパムコメント(迷惑なコメント)を自動で専用のフォルダーに振り分けてくれるプラグインです。コメントの内容を確認し、迷惑なコメントを削除する手間を省くことができます。
 

3-2. XMLサイトマップを自動的に作成できるGoogle XML Sitemaps

コンテンツをGoogleの検索エンジンに早く認識してもらうには、サイトマップが効果的です。そうはいっても、記事の公開や更新ごとにサイトマップを更新するのは大変です。そこで便利なのが、このGoogle XML Sitemapsです。このプラグインのメリットを、以下に記します。

<Google XML Sitemapsのメリット>
・記事の公開や更新の度に、サイトマップを自動生成できる
・サイトマップが生成されると、検索エンジンに自動的に通知できる
・検索エンジンに対して、認識してほしいページを指定できる
・Googleが推奨するスタイルで記述できる

 

3-3. サイトやブログのバックアップが可能なBackWPup

何か不具合が発生してデータが壊れる可能性があっても、バックアップを取っていれば復旧は迅速にできます。そんな便利なプラグインが、このBackWPupです。このプラグインは、以下の特徴があります。

・定期的に自動で、サーバー上とデータベース上の2種類のデータのバックアップができる
・自動バックアップのスケジュールを設定できる
 

3-4. 一つだけでSEOの設定ができるALL in One SEO Pack

Webサイトを運営する上で、集客に直結するSEOは非常に重要です。コンテンツをWordPressで作成する時、SEO施工が簡単にできるフォーマットと機能を持っているのが、このALL in One SEO Packというプラグインです。その主な機能を、以下に記します。

<ALL in One SEO Packのメリット>
・SEOの効果に直結するメタ要素の設定ができる
・ツイッターやFacebookなど、SNSの拡散効果を強化できる
・Googleの検索エンジンのクローラーの巡回を促進するXMLサイトマップの設定ができる

 

4. おススメのWordPress

WordPressには、無料版と有料版があります。ここでは、それぞれのおススメWordPressをご紹介します。

4-1. 無料のおススメWordPress

SEOに強く、高速&モバイルフレンドリーOKなCocoon

【Cocoonの特徴】
・初心者にも使いやすい
Cocoonテーマ利用マニュアルサイトが装備されている
・トップページやその他のページのデザイン設定できるCocoon設定が便利
・アフィリエイトに便利なエディタ補助機能が高レベルで装備されている

内部SEO施策対応済みで、レスポンシブデザイン、カスタマイズもしやすいCocoon(コクーン)


 

文章を装飾するデザインがデフォルトのLION BLOGLION MEDIA

【LION BLOGとLION MEDIAの特徴】
・WEB制作事務所のFITが開発したWordPress無料テーマ
・ブログ向け「LION BLOG」とメディアサイト向け「LION MEDIA」の二つのテーマがある
・文章を装飾できるBOXデザインがデフォルトでツールバーに配置
・ウィジェットが豊富

WEB制作会社FITが開発したブログ向け「LION BLOG」とメディアサイト向け「LION MEDIA」


 

高いカスタマイズ性が特徴のLuxeritas(ルクセリタス)

【Luxeritasの特徴】
・高速化、SEO、レスポンシブ、多機能への取り組みを重視した無料版WordPressテーマ
Google Pagespeed Insightsで、高いスコアを獲得
・html5仕様に準じた適切な文法やW3CのHTML文法チェッカー活用によるSEO最適化に関する取り組み
・様々なデザインが楽しめるデザイン選択機能を装備
・設定項目がたくさんあり、独自のデザインが作れるブロックエディタ群

多機能と高速を両立させたLuxeritas(ルクセリタス)


 

Google Pagespeed Insight
で高いスコアを獲得しているLuxeritas

 

4-2. 有料のおススメWordPress

国内シェアNo.1、美しさと業種に特化し累計10万ユーザーを超えたTCD

【TCDの特徴】
・テーマのカスタマイズが可能なTCDテーマオプションが、WordPressの管理画面に実装
・ファーストビューでユーザーを惹き付け、問い合わせや購入まで結びつく導線設計
・膨大なカスタマイズ事例を「TCD LABO」に収録
・「求人募集」「スタートアップ企業」「ECサイト」「美容クリニック」など、目的に最適化したデザイン
・「WordPress使い方大全集」に基本的な知識や操作方法を収録

デザインの美しさが際立つTCDのWordPressテンプレート。企業サイト、エステ、ECなど、用途別のデザインが豊富


 

色の設定やフッターバーの表示方法など、カスタマイズできるTCDテーマオプション

 

シンプルな美しさと機能を両立させたSWELL

【SWELLの特徴】
・WordPress5.0から搭載されているブロックエディタ―『Gutenberg』に完全対応
・記事執筆・コンテンツ制作を強力にサポートする独自ブロックを用意
・プレビュー画面を見ながらサイトデザインをカスタマイズできるテーマカスタマイザー機能
・広告やバナーなどを好きなコンテンツに挿入が可能

デザインの美しさが印象的なSWELL


 

充実しているSWELLのカスタムブロック

 

11年以上クチコミで支持されている、SEOに強い賢威

【賢威の特徴】
・京都のSEOコンサルティング会社ウェブライダーの代表松尾氏がノウハウを詰め込んだ商品
・賢威ユーザーだけがアクセスできる「賢威」フォーラムには79,000件のアーカイブがある
・現在の賢威のユーザーは、27,000以上
・Googleのモバイルフレンドリーに準拠したレスポンシブデザイン
・メインビジュアルで使用できるスライダーや全画面表示機能

27,000ユーザーが選んだSEOに強いWordPressテンプレートのロングセラー『賢威

 

5.WordPressに関するQ&A

WordPresssに関するよくある質問を、以下にご紹介します。

Q. 会社名で検索しても、検索の上位に表示されなくて困っています

→A. タイトルタグや、h1タグに会社を挿入することで、検索エンジンに認識され、表示されるようになります

Q. ワードプレスが突然重くなり、ウィルスに感染しているかどうかを確認したい

→A. Sucuri Site Checkで、ウィルスに感染しているかどうかをチェックできます

 

6.まとめ

いかがだったでしょうか。

WordPressは、今やコンテンツマーケティングには必須のツールであり、集客力のあるオウンドメディアの構築には必要不可欠な機能です。

優れたデザイン、SEO施策機能の装備、ユーザビリティなどの視点で、常に情報収集し、活用することがサービス力の強化につながります。

是非、役立つポイントを実務に役立てて頂ければと思います。

URL
CATEGORY
WordPress